現在地 :
>
>
介護保険制度の仕組み

介護保険制度の仕組み

介護保険制度は介護サービスを利用する方とその家族に最も身近な基礎自治体である市町村が運営しています

介護保険制度の運営者

介護保険制度は、被保険者(加入者)が収める保険料と、国・都道府県・市町村からの公費(=税金)を財源として、介護サービスや介護予防サービスを必要とする人に提供し、高齢者の方およびその家族の方を支えることを目的としています。

このため、介護保険制度の運営は、サービス利用者やその家族の意見を聞き入れやすい、最も身近な基礎自治体である市町村が保険者となっています。こうすることで、3年毎に策定される介護保険事業計画に利用者等からの意見や、その地域の特性等をより多く取り入れて、必要な介護サービスの量などを定めることができるからです。

※市町村が近隣の市町村と連携する「広域連合」が介護保険制度を運営しているところもあります(○○県介護保険広域連合 等)。「広域連合」とは、様々な広域的ニーズに柔軟かつ効率的に対応するためのもので、介護保険制度では、「運営コストの軽減」「近隣市町村との地域格差の解消」「効率的な介護保険事業の運営」「安定した保険財政の確保」等といったメリットがあります。

介護保険制度の仕組み

介護保険制度を簡単に図式化すると次のようになります。

介護保険制度の仕組み

Copyright(c) 2013-2017 コーディアルコーポレーション株式会社 All Rights Reserved.