東京都あきる野市にある老人ホームの一覧

東京都あきる野市にある老人ホームの検索結果一覧です。


応援家族あきる野

応援家族あきる野

看護師が24時間常駐する安心

運営:株式会社木下の介護
介護付有料老人ホーム
東京都 あきる野市 小川
平成20年12月 開設
入居時:0~3,000,000円
月 額:188,000~258,000円

あずみ苑グランデ平沢

あずみ苑グランデ平沢

あきる野市の閑静な住宅街の一画

運営:株式会社レオパレス21
介護付有料老人ホーム
東京都 あきる野市 平沢
平成18年03月 開設
入居時:1,200,000~3,600,000円
月 額:160,000~210,000円


東京都あきる野市の老人ホームの検索結果一覧です。

介護付有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅 グループホーム 特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 介護療養型医療施設 軽費老人ホーム

※なお、 のような色付きのアイコンが 無料入居相談・資料請求・見学予約が可能なホームです。

マークのあるものが、資料請求・入居相談等が可能なホームです。
ホーム名称ホームタイプ運営会社住所
【あきる野市】
応援家族あきる野
介護付有料老人ホーム
株式会社木下の介護あきる野市 小川
あずみ苑グランデ平沢
介護付有料老人ホーム
株式会社レオパレス21あきる野市 平沢
五日市ホーム特別養護老人ホーム社会福祉法人 清明会あきる野市 三内
介護老人福祉施設増戸ホーム特別養護老人ホーム社会福祉法人 白百合会あきる野市 三内
特別養護老人ホーム 南聖園特別養護老人ホーム社会福祉法人 誠愛会あきる野市 三内
オキドキ介護老人保健施設医療法人社団 珠泉会あきる野市 伊奈
指定介護老人福祉施設 あたご苑特別養護老人ホーム社会福祉法人 緑愛会あきる野市 入野
戸倉ヴィラ住宅型有料老人ホームLEA株式会社あきる野市 戸倉
紫水園特別養護老人ホーム社会福祉法人 たま紫水会あきる野市 留原
あきる台グループホーム 秋川グループホーム医療法人財団 暁あきる野市 秋川
あきる台グループホーム滝山グループホーム医療法人財団 暁あきる野市 秋川
あきる台病院介護療養型医療施設医療法人財団 暁あきる野市 秋川
特別養護老人ホーム福楽園特別養護老人ホーム社会福祉法人 豊生会あきる野市 網代
あきる野翔裕館介護付有料老人ホーム株式会社関東サンガあきる野市 草花
特別養護老人ホーム 麦久保園特別養護老人ホーム社会福祉法人 福信会あきる野市 草花
草花苑特別養護老人ホーム社会福祉法人 渓流会あきる野市 草花
老人保健施設 さくら介護老人保健施設医療法人社団 秀仁会あきる野市 草花字南小宮
和敬園特別養護老人ホーム社会福祉法人 松楓会あきる野市 菅生
小規模特別養護老人ホーム 第二ほたるの郷特別養護老人ホーム社会福祉法人 菅生会あきる野市 菅生
特別養護老人ホーム コスモホーム特別養護老人ホーム社会福祉法人 松楓会あきる野市 菅生
特別養護老人ホームほたるの郷特別養護老人ホーム社会福祉法人 菅生会あきる野市 菅生
こもれびの郷特別養護老人ホーム社会福祉法人 さくらぎ会あきる野市 雨間
第二紫水園特別養護老人ホーム社会福祉法人 たま紫水会あきる野市 高尾

『あきる野市』 以外の老人ホームを東京都の市区町村から選ぶ

鉄道沿線から選ぶ
東京都の老人ホームを鉄道の沿線・駅名から探す場合は「老人ホーム 鉄道沿線検索」からどうぞ
市区町村から選ぶ














多摩の自然に囲まれた歴史溢れる街 あきる野市の環境と有料老人ホーム
多摩の自然に囲まれた歴史溢れる街 あきる野市の環境と有料老人ホーム
東京都あきる野市は東京都の多摩地域西部にある人口約8万人の市です。秋川市や五日市町といった方が分かる人が多いかもしれませんね。平成7年に秋川市と五日市町が合併して発足した、まだ発足から約20年の新しい市です。
あきる野というとやはり多摩の自然ですね。秋川の渓谷でBBQというイメージが湧いてきます。
東京ながら美しい山々の自然に囲まれた、ここが本当に東京?と思わせるような自然豊かな街ですね。
都心からも1時間程度で行ける東京の人にとっては身近に四季折々の自然を感じられる場所ですね。

あきる野市は明治26年までは神奈川県だったんですね。明治26年にそれまで神奈川県だった多摩地域が東京府に移管されています。あきる野市誕生までには紆余曲折いろいろあってのあきる野市誕生のようです。
今回はあきる野市の歴史とその環境やスポットを辿ってみましょう。

あきる野市はその自然豊かな場所から縄文時代から考古学研究史に残るような遺跡が発掘され、考古の時代から文化が開かれていることが窺えます。
秋留台地には多くの古代住居遺跡が見られます。秋川駅から徒歩約5分ほどのが、大塚古墳は高さ約6メートル周囲は130メートルあまりもあります。
他に有名な瀬戸岡古墳群がありますが、大塚古墳は比較にならないほど大きな古墳です。
そして阿比留神社は平安時代の延喜式神名帳という神社の名簿の中にに記載があるような歴史ある神社です。そのため文化財多数所蔵しています。
毎年秋、9月28日29日30日には例大祭が行われ、夜店も出て賑わいをみせます。
阿比留神社にはJR五日市線の武蔵五日市駅から徒歩約15分ほどです。
大悲願寺にある木造の伝阿弥陀三尊像は、国の重要文化財に指定されていて、この時代の終わりごろに作られたと言われています。
大悲願寺という名称もかっこいいいですね。どのような言われでこの名前がついいたのかはわかりませんが、ジャイアントキリングを連想させます。ジャイアントキリングを目論む人やチームは訪れてみてはいかがでしょう。もっと有名になってもよさそうですが....。
ここはも源頼朝の命で源平合戦で名を馳せた武将、平山季重が建てたと言われています。
ここは武蔵増戸駅から徒歩約15分です。

室町時代には武蔵総社六所宮随一の大社である二宮神社は小河大明神と呼ばれていたそうです。
府中にある有名な大国魂神社に「二宮 小河大神」と記載があり、武蔵二の宮とされているそうです。明治3年に社号を二宮神社と改められました。
毎年秋9月8日9日に行われる祭礼は「しょうが祭り」と呼ばれとても賑わい、神輿が練り歩き生姜などを売る露店が並びます。また農村歌舞伎「秋川歌舞伎」の伝承地で祭礼時には舞台も行われるので、是非訪れたい場所の一つですね。敷地内には二宮考古館があり、付近には東京の名湧水57選にも選ばれるお池と呼ばれる湧水池があります。
ここは東秋留駅から徒歩約5分で行けます。

戦国時代の終わり頃からは伊奈と五日市に「市」が開かれていたそうです。五日市の地名はその名残なのですね。
江戸時代には木材が秋川・多摩川を筏で流し江戸に送られていたそうです。筏は3000枚をこえていたとのことなので壮観な風景だったのでしょうね。
また絹糸を泥染めした黒八丈は深い艶があることから「五日市」と呼ばれ、帯や着物の衿に珍重されていたそうです。一度見てみたいものです。

あきる野市は古代の昔から恵まれた豊かな自然の中で育まれた文化が生まれた素敵な街です。今では都心にも1時間強で行ける四季を彩るネイチャースポットです。
あきるの市の高齢者福祉に関する主な施策
●高齢者見守り事業
あきるの市では高齢者の方からの申請に基づき、高齢者の方が住み慣れた地域でいつまでも安心して生活ができるよう、地域見守り事業や新聞、郵便、乳酸菌飲料の配達、一般廃棄物収集における見守り事業を実施しています
・防災・安心地域委員会 地域見守り事業
・新聞配達見守り事業
・郵便配達見守り事業
・郵便配達見守り事業
・乳酸菌飲料配達見守り事業
●あきる野市シルバー人材センターについて
高齢者の方の就業に関する相談等を受け付けています。
●はつらつセンターについて(地域包括支援センター)
高齢者が住み慣れた地域で尊厳あるその人らしい生活を継続できることを目的に、はつらつセンター(地域包括支援センター)を設置しています。
はつらつセンターでは、主に次の事業を行っています。
・介護予防ケアマネジメント業務
・総合相談事業
・権利擁護事業
・包括的・継続的ケアマネジメント支援事業
●在宅介護支援センター
在宅介護支援センターは、介護が必要な高齢の方やその家族の方からの在宅介護等に関する総合的な相談をお受けし、必要なサービスが受けられるように調整を行います。
●ふるさと農援隊
 「めざせ健康あきる野21計画」に掲げる「ふれあい いきがい 元気なまち」を推進するため、高齢者及びその家族で平成20年8月に組織されました。
 ふるさと農援隊は、農業を通じて、身体を動かし、他の農援隊会員との交流を通じ、生きがいを感じることで市民の健康増進と介護予防を図ることを目的としています。

あきるの市で行っている主な施策をご紹介しましたが、あきるの市では他にも高齢者向けに様々な施策を実施しています。
Copyright(c) 2013-2017 コーディアルコーポレーション株式会社 All Rights Reserved.