現在地 :
>
>
有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を比較

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を比較

提供されるサービス、施設設備等の基準、入居時の支払い、日常生活、ホームのスタッフなどから比較

急増してきた「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」

高齢者向けの施設を検討している方からの質問で
「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」って何が違うのですか?
「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」ってどちらがオススメですか?
という質問を受けることがあります。

この答えに対する一般的な回答は存在しないのではないか、と考えています。それは、

  • 「有料老人ホーム」といっても「介護付」「住宅型」といった種類がある
  • 「有料老人ホーム」も「サービス付き高齢者向け住宅」も、民間の営利企業が運営していることが大半であり、各ホームが独自性を出したり、ニーズに応えるために決められたサービス以上に独自のサービスを提供していることが多い
  • 「サービス付き高齢者向け住宅」でも特定施設入居者生活介護の基準に該当するものがある(つまり、介護付有料老人ホームとしての基準を満たしているものがある)
  • 入居を考えている方それぞれでホームに対して求めるもの(の優先順位)が違う

といった理由からです。

ここでは、一般的な「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」でおおまかな特徴の比較をしてみたいと思います。

※「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」のそれぞれの説明ページも参考にしてください。

提供されるサービスの違い

有料老人ホーム
「食事の提供」「介護」「家事」「健康管理」のいずれかを行うこととされ、その他のサービスは各ホーム毎に異なります
サービス付き高齢者向け住宅
「安否確認」と「生活相談」の両方を行うことが義務付けられています(東京都内では+「緊急時対応」を義務付けるなど各地方自治体によって異なる部分があります)。その他の生活支援や医療・介護サービスの内容は各住宅毎に異なります。

施設設備等の基準

有料老人ホーム
介護付有料老人ホームの場合は特定施設としての指定基準を満たす必要があるが、住宅型・健康型有料老人ホームは「登録制」でなく「届出制」であるため、一定の基準を満たしていないホームも存在する
サービス付き高齢者向け住宅
登録制度であるため、一定の基準を満たしていないと登録されない

入居時の支払いについて

有料老人ホーム
入居一時金(前払金)として入居時にある程度まとまった費用が必要なことが多い。
サービス付き高齢者向け住宅
入居一時金(前払金)が必要なケースもあるが、大半は敷金程度であり有料老人ホームと比較して安価です。このため、住み替えも比較的容易にできます。

日常生活

有料老人ホーム
居住スペースは、「居室」であるため、共用施設・設備を共同で利用する協調的な暮らしとなります。共同生活の中でスタッフによるサポート・管理を受けるため自由度は下がりますが安心感があります。
サービス付き高齢者向け住宅
居住スペースは、「住戸」であるため、マンションやアパートのように各居住者が独立して暮らせる住まいとなっており、プライバシーが重視され、自立的・自律的な暮らしとなります。出入りや飲酒・喫煙など生活に自由がありますが、自己で責任を持つ必要があります。

ホームのスタッフ

有料老人ホーム
介護付有料老人ホームでは介護職員・看護職員が要介護者3名に対して1名以上、その他、計画作成担当者や管理者などが基準で決められています。住宅型有料老人ホームの場合は人員基準がありませんので、ホームによって異なります。
サービス付き高齢者向け住宅
職員が少なくとも日中(概ね9時~17時)住宅に常駐し、安否確認・生活相談サービスを行います。

契約形態

有料老人ホーム
主として利用権方式であり、生存中ホームに居住して各種サービスの提供等を受けることができます。
サービス付き高齢者向け住宅
主として建物賃貸借契約方式で、原則として借地借家法によって契約した住戸での継続居住が保証されます。

介護保険サービス

介護付有料老人ホーム、特定施設の指定を受けたサ付き住宅
ホームのスタッフが介護サービスを提供します。介護度に応じて包括的(一体的)にサービスが提供され料金も一律。
(特定施設の指定を受けていない)サービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム
地域の介護サービス事業者(併設されている場合がよくあります)と個別に契約をし、居室・住居にて介護サービスを受けながら住み続けます。ただし、住宅(ホーム)によっては、介護度が高くなった場合、①包括的な料金でなく使用回数分だけ費用が積み重なるため介護付有料老人ホームと比較して割高になる、②住み替えが必要になる、といったマイナス面があります。
Copyright(c) 2013-2017 コーディアルコーポレーション株式会社 All Rights Reserved.